紙カルテと電子カルテ

昔は総合病院から、クリニックなどの個人医院まで、紙カルテばかりでしたが、今は紙カルテと電子カルテの2種類があります。もちろん双方にメリット、デメリットがあります。電子カルテは患者のデータが編集しやすい、保存が簡単。院内、院外での情報の共有がしやすく、カルテをいちいち探さなくていい。文字が読めない(誤字・脱字)などのトラブルがなくなるなど様々なメリットがありますが、導入するための初期費用が高く、停電時には使えません。またパソコン上の問題(フリーズ、ネットワーク上のセキュリティ問題)が発生するということ。それに一番は、パソコンの扱いに慣れていない医師や看護師が多く慣れるまでが大変という点です。しかしキーボードやマウス操作に慣れていない医師や看護師のためにペンタブレットやタッチパネルなどの入力方式を取る電子カルテもあるので、慣れていないのはどうにかなるにしろパソコン上の問題や、停電時の対応などは、医師や看護師じゃどうにもなりませんから、システム面で改善されるべきことです。しかし紙カルテの人気も衰えてはいません。紙カルテは保存場所の確保が必要だったり、カルテが重かったり、カルテを紛失してしまった場合は取り返しがつきません。しかし、記入者の意志が反映しやすく、どこでも記入可能だったり、停電にも強いです。そういった色々な面から考えると、患者が比較的少ない個人医院やクリニックなどは、紙カルテがいいでしょうし、大学病院や、総合病院などになるとカルテの数も膨大になりますので、情報を引き出したり、保存場所にも困らず、伝達・共有する面が優れている点から見て、電子カルテのほうが便利がいいと思います。どちらにしろ、対患者の仕事ですから、電子カルテが広まって、データやパソコンモニターばかりを医師が見て患者を見ない、と言った状況にならないようにしてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です