看護師の性格は

子供の頃、病院に連れて行かれて感じていたことは、看護師さんは優しそうだということです。実際に、子供である私に対しての対応はものすごく柔らかくて、怖さや痛みで泣いているととても優しくなだめてくれました。しかし、大人になって看護師さんに対しての印象はまったく真逆のものに変わりました。中には、大人である私などに対しても、私が子供のころに受けた対応のように優しく接してくれる看護師さんもいます。しかし、看護師さんというのは基本的には精神力が強そうなはっきりとした性格の人が選んで就いている職業なのだという風に感じるようになったのです。だからと言って愛想が悪いとかいうことではありません。優しいだけでは成り立たない職業なのだという風に思うのです。時に、患者さんの中にはしてはいけないと言われていても、我慢できずにしてしまったりすることがあると思います。それを、はっきりとただすことができなければ看護師という仕事が成り立ちません。患者さんの中には、反抗して文句を言ってくる人もいると思います。それにひるんでいては務まらない職業なのです。芯のある、物おじしない心が強い人でなければ長きにわたって勤務を続けていくことは難しいのではないかとさえ思います。それに加えて責任も課せられています。かなりの強靭な精神力も必要とされる職業だとも思いました。私には、きっと勤め上げることはできない仕事です。看護師さんに対しての憧れなどがあるわけではありませんが、本当に尊敬するべき職業だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です