制服から連想される看護師のイメージ

わたし達が抱く看護師へのイメージは今も昔も「白衣の天使」で変わらないのではないだろうか。これは褒め言葉であって良い意味で使っているのだが、看護師は実際そう呼ばれる事にどう思っているのだろう。ふわふわにこにこと誰でも穏やかに看護する事が当たり前だと思われてプレッシャーに感じている人もいるのではないだろうか。看護師の清潔なイメージはあの白衣にある。
看護師の制服は女の子なら誰でも憧れる時があるのではないだろうか。わたしもそうだった。中でも見習い看護師が着用する細かい縦線が入った制服はメンソレータムのイラストの女の子みたいで可愛くてたまらなかった。今でもあれを着用しているのかどうかは知らないが、時代は変わり、医療現場での制服姿はがらりと変わった。
まず不衛生と言う理由でナースキャップは廃止され、制服もワンピーススタイルではなくパンツスタイルの看護師が多くなった。世の中のナース大好きな男性共はがっかりしただろう。確かにパンツスタイルは白衣の天使と言うよりもバリバリ医療現場で働いているプロのナースの言う感じがする。パンツスタイルなら動きやすいし力仕事だって難なくこなせそうだ。
しかし制服がワンピーススタイルからパンツスタイルに変わって、ああ看護師と言うものは肉体労働なんだなと改めて気付かされた。「白衣の天使」と呼ばれる事に抵抗を感じていた看護師もいるだろう。でも看護師のイメージが天使だろうと肉体労働だろうと立派な職業に携わっている事に変わりはない。わたし達は全ての看護師を尊敬している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です